【水晶惑星】~地球のかけら専門店~のブログ

水晶惑星がお届けする、鉱物雑感や、石が出てくる本について、また、水晶・鉱物・原石・天然石ブレスレットなどの紹介を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

石が出てくる本 『どうくつを たんけんする』

どうくつを たんけんする


『どうくつを たんけんする』
作:堀内誠一

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どうくつの中は真っ暗闇で、草や木もなく、石と水ばかりの世界。
でもそこは夢の御殿とよびたくなるような美しさです。
世界各地のどうくつをもぐった画家が、みなさんをご案内します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



この絵本は今は新品ではなかなか手に入らないようですが、
鍾乳洞を知るには大変面白い絵本です。

お話や洞窟のモデルは、山口県の秋吉台。
秋吉台は日本最大のカルスト台地で、秋芳洞という鍾乳洞があり有名です。
秋吉台・秋芳洞観光サイトはこちら



秋芳洞




物語の主人公かずお君は、洞窟研究所の先生から
「夏休みに、どうくつをたんけんにきませんか?」という手紙をもらい、洞窟へ行くことになります。
見開きページを使った、開放的なカルスト台地の絵から始まり、物語は徐々に狭い狭い洞窟へ…。
ちょっとドキドキするような冒険を経て、
奥へたどり着き、ひらけた場所に出た時の、なんとも不思議な美しさ。
大変わかり易いイラストで美しく描かれています。
洞窟研究所の先生が説明をしながら進んでいくので、
実際にガイドをしてもらいながら洞窟を探検しているようです。



秋芳洞




後半には、鍾乳洞のでき方や形状、名称など、やはり研究所の先生が かずお君に説明する形で
図鑑のように分かりやすく解説され、
世界のさまざまな洞窟や、洞窟に住む生物などにも触れています。
最後まで、物語と図鑑を合わせたような、面白い構成になっています。


絵本ではありますが、専門的な難しい言葉も出てきますし、
漢字にはルビがふってあるのと、ないのがあります。
読み聞かせでは小学1年生以上から、自分で読むなら2年生以上でしょうか。
字は読まなくとも、イラストだけ眺めても大変面白いです。









カクタスクォーツ
カクタスクォーツ
カクタスクォーツ
カクタスクォーツ
アゲートジオード
アゲート(瑪瑙)ジオード
水晶ジオード
水晶ジオード





記事担当:田原


【水晶惑星】~地球のかけら専門店~
水晶、天然石、鉱物、原石の販売
http://www.s-waku.com/

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。