【水晶惑星】~地球のかけら専門店~のブログ

水晶惑星がお届けする、鉱物雑感や、石が出てくる本について、また、水晶・鉱物・原石・天然石ブレスレットなどの紹介を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

石が出てくる本『十力の金剛石』宮沢賢治

『風の又三郎―雪渡り・十力の金剛


著:宮沢賢治
上記の本の著者:ますむら ひろし
価格:550円

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上記の本は、宮沢賢治の書いた3つの童話作品を、ますむらひろしさんが漫画にしたものです。
表紙絵を見て、更に宮沢賢治といえば、
銀河鉄道の夜』の猫バージョンアニメを思い出される方も多いのではないかと思います。
こちらの本も、同じくますむらひろしさんが、宮沢賢治の世界を漫画にしたものです。

風の又三郎と、十力の金剛は猫で、
雪渡りは人間が主人公で描かれています。
(雪渡りにはキツネが出てきますので、主人公を猫に置き換えると、もはやわけの分からない事になりますからね。笑)

どの作品も、原作に忠実で、ますむらさんの宮沢賢治作品への
愛や、尊敬、忠義のようなものが感じられます。

今回は、この中の『十力の金剛』についてですが、この作品には、実に沢山の鉱物が出てきます。
自然界のものが鉱物に姿を変えるシーンは、
文章から読み取れる光の美しさ、色の美しさ、ピンと張り詰めた空気、全てが奇跡的で、
身動き出来ない(動いてしまったら消えてしまうような)空気感があります。



森の中の霧が、
ポッシャリ、ポッシャリ、ツイツイ、トン。

雨に変わって、
ポッシャン、ポッシャン、ポッシャン、シャン。

大粒雨になって、
ザッ、ザ、ザ、ザザァザ、ザザァザ、ザザァ。

おや?雨もなく、あられでもなく・・・それは
トパァス、サファイア、ダイアモンド。


あっという間に、世界は鉱物になってしまいます。

蛋白、ルビー、金剛、天河、硅孔雀石、琥珀、霰石、瑠璃、碧玉、土耳古玉・・・。

キラキラと反射し、世界がまぶしいぐらいに明るく輝きます。

しかし、本当の十力の金剛石は、そこにはありません。
本当の十力の金剛石とは・・・。


みなさんも是非、お読みになってみて下さい。

1674蛍光フローライト情景鉱物【メッセージ】蛍光フローライト原石(蛍石)03

4900水晶ポイント情景鉱物【天使の住みか】水晶ポイント/オープン記念送料無料


記事担当:田原

【水晶惑星】~地球のかけら専門店~
水晶、天然石鉱物原石の販売
http://www.s-waku.com/

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。